調剤の流れ

 

お薬ができるまでの流れ

STEP1 処方せん受付

処方せんの受付を行います。

STEP2 処方せん監査

処方せんの内容・項目をチェック
  • ・ 患者さま氏名、年齢
  • ・ 薬品名、分量、用法・用量
  • ・ 交付年月日
  • ・ 処方せん使用期間
  • ・ 分量、用法・用量の確認
  • ・ 処方歴・薬歴の確認
  • ・ 警告・禁忌の確認
  • ・ 相互作用の確認 など

(調剤基本料、基準調剤加算、後発医薬品調剤体制加算)

疑義照会とは?

STEP3 調剤

  • ・処方箋にしたがって、錠剤、散剤、外用剤、水剤等を調剤
  • ・患者さまの要望や医師の要請に応じ、医薬品の混合、粉砕、一包化などを行う

(調剤料、後発医薬品調剤加算、一包化加算 、特定保険医療材料料)

STEP4 調剤監査

  • ・ 処方箋の記載内容の十分な処方監査
  • ・ 薬袋の数や記載内容の確認
  • ・ 薬剤数量の確認
  • ・ 添付する患者さま用説明書の確認 など

(薬剤服用歴管理指導料)

STEP5 薬剤交付

  • ・ 患者さまからの情報収集
  • ・ 服薬指導
  • ・ 患者さまへの情報提供

(薬剤情報提供料、特定薬剤管理指導料 )

調剤明細書について

調剤明細書に記載されている項目について説明致します。

調剤基本料 薬局で調剤する場合の基本点数です。病院で言う「初診料」、「再診料」にあたります。
基準調剤加算 医薬品を十分に備蓄しており、患者さまの「薬剤服用歴」を作成している等、決められた基準を満たしている薬局に対して評価される料金です。薬局の受けている基準により点数が変わります。
後発医薬品調剤体制加算 後発医薬品の調剤を積極的に行っている薬局に対して評価される料金です。
薬剤服用歴管理指導料 薬の服用歴の記録や飲み合わせ等の確認、薬の飲み方の指導を行ったときの料金です。
薬剤情報提供料 処方された薬の情報等をお薬手帳に記載したときの料金です。患者さま自身が薬の服用履歴を管理ができ、次の診察時やかかりつけ以外の薬局に行った時に、飲んでいる薬が確認できます。
特定薬剤管理指導料 副作用等、特に注意が必要な薬の説明を行ったときの料金です。
後発医薬品調剤加算 後発医薬品を調剤したときの料金です。
調剤料(内服、外用、注射) 薬を調剤する料金です。
調剤技術料(点) 「調剤基本料」と「調剤料」を合わせたものです。
薬学管理料(点) 薬に関する記録、指導、情報提供等を行ったときの料金です。
薬剤料(点) 処方された薬そのものの料金です。
特定保険医療材料料(点) 注射器や注射針・カテーテル等の料金です。
夜間・休日等加算 開局時間の時間帯で、午後7時(土曜日は午後1時)から午前8時までの間において調剤した場合に加算される料金です。

その他に・・・

計量混合加算 2種類以上の粉薬、水薬、軟膏などを薬の特性を考慮して混合しても問題ないかどうかを判断して、混合調剤を行ったときの料金です。
一包化加算 薬の飲み忘れや飲み間違いを防止するために、服用時間帯ごとに1回ずつワンパックに包装したときの料金です。
自家製剤加算 錠剤をすりつぶして粉末状にする等、患者さまが服用しやすいように工夫して、調剤を行ったときの料金です。
麻薬、向精神薬、覚せい剤原料、毒薬加算 麻薬、向精神薬等、他の薬に比べて厳重な管理が必要な薬を調剤したときの料金です。

今回、紹介したものは一部です。これ以外にも色々と加算がありますので、詳しいことは薬局でお聞き下さい。

調剤明細書(例)

調剤内容 調剤技術料(点) 薬学管理料(点) 薬剤料(点) 特定保険医療材料料(点)
調剤基本料 40
基準調剤加算1 10
後発医薬品調剤体制加算1 6
夜間・休日等加算 40
薬剤服用歴管理指導料 30
薬剤情報提供料 15
特定薬剤管理指導料 4
A錠10mg
B錠20mg
分1夕食後
1錠
1錠
28日 ○○○
内服調剤料 81
後発医薬品調剤加算 2
Cクリーム1%
1日1回<塗布>
10g ○○
外用調剤料 10
D注 2キッド ○○
注射調剤料 26
E針 28本 ○○

※点数・・・・・1点10円で計算されます。